私たちが日ごろ使っている言葉には、短縮されたものが普通になってしまっているもの
が実はたくさんあるのをご存知ですか?
「さようなら」には、もともと別れの意味は無く、「さようならばこれにて失礼します」
という別れの言葉から来ています。
関西弁の「おおきに」も、もともとは「おおきにありがとう」ですし、「こんにちは」
「こんばんは」もそれぞれ「今日はよいお日柄で」とか「今晩はよき穏やかな晩です」
などと続くはずの挨拶の言葉が省略されてしまったものです。