漆塗りは、私たち日本人にはなじみの深いものですよね。
お椀や箸などの食器に使われ、毎日お世話になっています。
漆塗りの原材料となるのは、ウルシの木の幹に傷をつけてとった樹液です。その、樹液を取る作業を「漆掻き」と言って、6月頃から10月上旬まで行われます。今まさに作業の真っ最中なのです。
 
2017-7(H29)#139